バリューストリームマッピング+シミュレーション

Taking Lean Initiatives to the Next Level

Value stream mapping has long been used by Lean practitioners to analyze existing systems and propose designs for future states. It’s an exercise normally done as a team with paper and pencil, white board, or sticky notes — a flow of ideas and continuous learning that computer software might never replace. We think that’s great! FlexSim has supported countless process improvement initiatives by providing dynamic answers to complex problems. Simulation allows you to take future state recommendations and test them in an accurate computer model. Let us be the next step in your Lean journey!


Process Improvement Strategy Meeting

White Paper

シミュレーションは(そしてそれがどのように利益を得ない)とリーンプロセス改善の分析をどこに収まるのでしょうか?このホワイトペーパーでは、我々はシミュレーションを比較し、バリューストリームマッピング(VSM) - およびFlexSimのようなシミュレーション製品は、次のレベルにあなたのプロジェクトを取るための素晴らしい方法である理由を示してとは対照的であるかを調べます。

In just 10 minutes, you’ll discover:

  • バリューストリームマッピングとその利点/欠点の(非常に短い)の概要。
  • シミュレーションは、バリューストリームマッピングのいくつかの制限を克服三の大方法。
  • とケーススタディ 高度なプロセスの最適化、(株) シミュレーションは、従来のリーン/シックスシグマ手法を補強することができるかを示します。

お待ちください

積載